庭に夢中

庭に夢中になってます
だいぶ前のこと、隣接してた家が無人状態になり希望して購入した後、玄関を増築しました。家を大きくしないで庭(柿があり、芝生があり)にしてました。
一代目酔芙蓉は息子の小遣いからのプレゼントでした

そのあと会社がうまくいかなくなって無収入になり、庭は捨てて砂利を敷いて駐車場にしたのです(素人の方法で)
2台入る駐車場だったんですけど大きい車が2台駐車すると、ぎちぎちで間を通って玄関に行くのに窮屈でした。
うまく通れないし玄関もつまらなく庭も楽しくない・・・・
二階のベランダガーデンは楽しんで来たんですけど・・・

まだお金があるとはいえないけれど、ずっと人のための2台の駐車場はつまらないと考えたり・・・
都会の住宅事情からしたら「贅沢なんじゃないか」と悩んだり・・・

一念発起して駐車場を1台だけにして陽の当たる方を畑と花壇にすることにしました。なるべく自分たちでやろうと決めました。
「何か月かかってもいいや~」と思ってましたが、畑の作物には植える時期があることに気づき、慌てました
駐車場を掘り起こすのがたいへん。お婿さんや息子にも手伝ってもらったけど。。。汗びっしょり
そこで庭師さんには土の掘り起しと土入れと垣根など自分たちには出来ないことだけを頼みました。
仕事の間にお茶を運んではいろいろ(抜け目なく)教えてもらって
バラのアーチもなんとか二人で
松の手入れの方法や銀杏の伐採は教わった方法で夫さんががんばってくれました。
大きい脚立とチェンソーに似た簡単な電気のこぎりは買いました。金属も切れる電気のこぎりは重宝です。

道路から丸見えなので「野菜失敗したらばれちゃって恥ずかしい」とも思ってるよ
だって道行く人から知らない人から声かけられるんだもの「こんど何するの?」「それでバラのアーチ」「ここ、くぐるの?」
農家のおばさん風にして日除け帽子と長靴の私は目立つかも。いやだな。。。

庭を畑に

酔芙蓉は二代目です。。。

豪邸はそうじも大変だろうし、好きじゃないの。風がふきぬけるような家が好きなのです。そして自然な庭が好き。子供がはだしで縁側からよじのぼってくるような小さい家が好みです。縁側作ろうかな~蚊が入ってくるかな~
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する