十五夜の月

昨晩は十五夜でした
昼に義母の施設にお見舞いに行き、帰路、四季の森でススキを手でちぎってゲットしました
お団子とススキでお月様を待ったのですけど、このとこずっと天気が良くないのでどうかしら?

やっぱり曇りで雲の影に隠れてる時、月は見えません。雲が薄くなるとおぼろに見えます。それもいいんじゃんとベランダで見てました
DSC07690.jpg


お隣との境に「むかご」がびっしり生えてるので茎をちぎってぽろぽろ外します。今年は美味しく炊きたいので、自己流にしないで
レシピを見てから、すり鉢で外皮のごついところだけ、はずしてお米と炊きます
----レシピ内容----
むかごは洗ってそのまま米と一緒に炊いてもいいのですが、表面の薄皮をとることをおすすめします(好みの問題なので、必須の工程ではありませんが)。 薄皮をとることで土っぽい匂いがなくなり、美味しいむかごごはんになると思います。 薄皮の下処理は、すり鉢の中でぐるぐる転がすだけです。軽く洗って、下処理完了です。
----レシピ内容ここまで----
すり鉢のむかご


むかごごはん

「むかご」ってはて?ユリも葉元についた豆を「むかご」って言うね。「むかご」って実のこと?



8月の下旬から夏風邪のひどいのをひいてしまい暑かったりもして、毎日ぐたぐた寝てました
「涼しくなりますように」神様に都合よくお願いしてたのですけど9月に入って雨の日が多く体は多少楽になりましたが
神様には感謝してませんでした。ばちがあたって夏風邪はさらに悪くなったみたい
あまりのどが痛むので“大嫌い”な耳鼻科に行きました。「両耳ともひどいよ。」とがっかりすることを言われてショック
耳を診てもらうのがトラウマで怖いのです。これからどうしよう。年取ったなぁが正直な気持ち。

Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する