仲道郁代さんのピアノ

アプリコで開催してる仲道郁代さんのピアノを聞きに行きました
演奏はべートーベンのソナタばかり

◆1. ピアノソナタ第8番「悲愴」ハ短調Op.13 第一楽章~第三楽章まで
   ところどころ聞いたことのある曲
◆2. ピアノソナタ第14番「月光」嬰ハ短調Op27-2 第一楽章~第三楽章まで
   第一楽章はよく聞いたことのある曲です
◆3. ピアノソナタ第23番「熱情」ヘ短調Op.57 第一楽章~第三楽章まで
   ベートーベンらしい髪振り乱した懊悩のある暴れ曲
いずれもベートーベンらしい力強い男らしい曲です
きゃしゃな仲道さんは10人分くらいの馬力で弾いてました。ピアノも良く音を出してたね
でも、私の好みとはちょっと外れてる
トークも良く聞こえないので目つぶってました
しかし
アンコールでみなに何弾きましょうかとリクエストを聞いてくれたのでうれしかった
お客さんのことを大切にしてくれてる
アンコール曲は
ショパンのノクターンと
ドビュッシーの月の光
エルガ-の愛の挨拶
これらは良く知ってるし女性的な感性の強い仲道さんの良さが発揮されるように思えた
優しくまろやかでした。とても上手でした。大いに満足した午後でした

昨晩はお月見で和くんたちとベランダごはんをしたのですけど
月はちょっとしか見えなかった。今日の選曲ではどれもが月のイメージ
月と雲が動くさまを思い起こし幸せな気持ちになりました
メロディーで泣かそうとせず、ほんわりゆったりした幸せな気持ちにさせてくれました

Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する